ウェルネスダイニングのメリット18選&デメリット1選を徹底解説!メリット・デメリットから考える「ウェルネスダイニング利用に向いている人」とは?

ウェルネスダイニングのメリット18選&デメリット1選を徹底解説!メリット・デメリットから考える「ウェルネスダイニング利用に向いている人」とは?

 

 

>>食事制限でお悩みの方にオススメ|ウェルネスダイニング<<

 

 

ウェルネスダイニングとは

 

プロレベルの美味しい食材を冷凍状態で届けてくれるサービスです。特に制限食を重視していて、食事制限のある方、栄養士から指導をされている方、健康的な食生活を送りたい方に重宝されています。

 

ウェルネスダイニングのメリット

 

食材配達サービスは年々増えていますが、他にはない利点があるからこそ、人気が高まっているサービスです。どんな部分が他の食材配達と違い、選ばれる理由になっているのでしょうか。

 

ウェルネスダイニングのメリット① 管理栄養士が栄養バランスを考えて作った献立

 

制限食に力を入れているので、管理栄養士監修の献立を随時食べることが出来ます。それぞれに必要な栄養バランスを考慮したレシピを組み立てているので、家庭料理では難しいバランスの取れた献立を毎日楽しむことが出来ます。

 

ウェルネスダイニングのメリット② 制限食でもおいしい

 

制限食は味が薄い、美味しくない、という印象があるかもしれませんが、味にもこだわって作りました。食事だからこそ、無理せず続けられる、楽しんで続けられる、ということを重視しているので味も美味しいと評判のお弁当ばかりです。

 

ウェルネスダイニングのメリット③ 7食分・14食分・21食分から選べる

 

注文は7食、14食、21食と分けられているので何食分利用するか、冷蔵庫の容量はどのくらいなのかなど、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。これなら毎日置き換えたい方も、たまに置き換えたい方も、気軽に利用することが出来るのではないでしょうか。

 

ウェルネスダイニングのメリット④ 3ヶ月保存可能な冷凍食

 

驚くことに、賞味期限はなんと3ヶ月です。商品お届け後冷凍保存で3ヶ月以上持つので届いてもすぐに食べる必要はありません。
そのため、作る気力がないという方、たまに自炊を休んで息抜きをしたいという方にもおすすめです。冷凍庫に一つ、食材宅配で頼んだお弁当を入れておけば、具合が良くないときや忙しいときに簡単に健康的なお弁当を食べることが出来ます。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑤ 管理栄養士に無料で相談できる

 

管理栄養士が常駐しているので、安心して相談をすることが出来ます。病状や状態によって、食べれるものやカロリー塩分量などが変わってきますよね。注文をする前でも、利用をしている最中でも、気になることを気軽に管理栄養士に相談出来るのはとても嬉しいサービスです。フリーダイヤルで日祝のみ休みなので、気軽に連絡をすることが出来ます。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑥ 容器付きなので洗い物なし

 

お弁当のままの状態で冷凍して送付されるので、新しくお皿を用意することなく、そのまま食べることが出来ます。いくら便利な食材宅配でも、いちいちお鍋やお皿を用意して、となると結構が大変なものです。しかし1食分ずつ冷凍して送られてくるので、受け取りの負担も少なく自分のペースにあわせて好みのメニューを楽しむことが出来ます。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑦ ネットから24時間注文可能

 

注文はネットから24時間受け付けているので、いつでも気軽に注文可能です。忙しくて夜や休日に連絡できない人でも安心して注文をすることが出来ます。もちろんメールやネットが苦手と言う人は電話での申し込みも可能ですので安心して注文をしてください。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑧ 「気配り宅配食」で4種類の制限食コースが選べる

 

制限食といっても人によって制限はそれぞれ違います。そのため、4種類の制限食を用意していて、自分にあったコースを選ぶことができます。

 

カロリー制限食

 

カロリー制限食は、250カロリー前後、塩分2.5グラム以下に抑えた食事です。カロリーを制限したい人向けなので、肥満が気になる人、ダイエット中の方にもぴったりのメニューを取り揃えています。

 

塩分制限食

 

塩分制限食は、塩分を制限したい人向けのお弁当です。300カロリー以下、塩分は2.0グラム以下です。自炊で塩分2.0グラム以下にするのはなかなか大変なことですが、食材宅配を利用すれば、お弁当で簡単に塩分制限が可能になります。

 

たんぱく&塩分制限食

 

塩分だけではなくたんぱく質の制限もある、と言う人にはたんぱく質と塩分の両方を調節してくれるコースがおすすめです。300カロリー以下、塩分2.0グラム以下、たんぱく質10グラム以下、カリウム500ミリグラム以下の制限で作っているので安心して食事を楽しむことが出来ます。

 

糖質制限食

 

糖質のみを制限したい人には糖質制限食コースがおすすめです。240カロリー前後と他のものに比べると少し高いですが、塩分2.0グラム以下、糖質15グラム以下に抑えています。今流行りの糖質制限ダイエットにもぴったりなので、若い女性でも糖質制限食コースを注文している人もいます。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑨ 制限食までは必要ないけれど健康に気を付けたい方向けのコースもある

 

食事制限があるわけではないけれども健康に気を使いたい、カロリーや塩分が気になる、と言う人も多いはずです。特に年齢的にさまざまな疾患が気になる方、健康診断で注意をされた方などは、普段の食生活から注意をするべきです。食事制限ほどではありませんが、健康な人のためのコースも用意しています。

 

健康応援 気配り宅配食

 

「健康応援 気配り宅配食」は、300カロリー以下、塩分2.5グラム以下で作られた健康食品です。制限食ほど厳しい制限ではないものの、市販のお弁当に比べるとずっと健康を考えて作られた、低カロリー塩分制限のお弁当です。

 

(厳選)栄養バランス気配り宅配食

 

「(厳選)栄養バランス気配り宅配食」は、カロリーや塩分だけではなく栄養バランスまで考えて作られたコースです。300カロリー前後、塩分は2.5グラム以下と気配り宅配食と同じですが、栄養バランスを重視して作ったメニューを取り揃えています。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑩ 電子レンジでチンするだけでおいしく食べられる「高機能パッケージ」を使用

 

届いたお弁当は、冷凍庫から出したらそのまま電子レンジでチンするだけで美味しく食べることが出来ます。
高機能パッケージを使用しているので耐熱皿などは不要、そのまま電子レンジに入れて温めるだけで、主菜と副菜3品のバランスの取れたお弁当を食べることが出来ます。

 

時間がないとき、すぐに食べたいときでも安心して利用することが可能です。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑪ 食べやすい大きさ・形・柔らかさにした食材を使用

 

制限食を食べる方は、高齢の方にもいらっしゃいますが、具材が大きいもの、固いものは食べにくいと感じる方も多いことでしょう。しかし食べやすい大きさと形、柔らかさを重視して作っているので、安心して食べることが出来ます。噛み切れない、食べにくい、と感じることなくおいしく食べることができます。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑫ 初回は送料無料

 

基本的に食材宅配を利用すると送料が掛かりますが、はじめて利用をするという人は本当に合うかわからない、おいしいかわからない、続けられるかわからないと不安に感じるでしょう。そのため初回の方にのみ、送料は無料でお届けをしています。送料無料で少しでも安く制限食を体験してみて、本当に良いと思ったら次回からも注文をお願いしています。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑬ 「都度購入」と「定期購入」が選べる

 

配送方法は都度購入と定期購入に分けられています。自由に注文したい、なくなったら注文をしたいと思っている人は都度購入でも良いですが、定期的に食べたいと思っている人には定期購入をおすすめします。

 

定期購入をすることで、7食、14食、21食を毎週、2週ごと、3週ごと、1ヵ月後とにお届けと自由に選べます。3つの食数と4つの間隔を自由に組み合わせができるので、自分が何食を食材宅配にお願いしたいかによって組み合わせをすることが出来るんです。

 

ちなみに、食材が貯まったときのお休み制度、再開制度、旅行などがあるときのスキップ制度、追加注文時の最短日お届け制度など様々な融通を聞いてくれます。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑭ 定期購入で送料が半額になる

 

初回以外は送料が掛かってしまいますが、定期便で購入をすると送料は半額になります。そのため、一ヶ月以内に再注文をする可能性があるのであれば、定期便で購入をしましょう。1ヶ月に一度7食のみでも定期便に対応しているので、とてもお得に食材宅配の利用が可能です。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑮ 菌繁殖や異物混入を防ぐため国内工場で手作りしている

 

価格の安い食材宅配サービスは安全性に不安がある、と感じる人もいるかもしれません。しかしウェルネスダイニングは安全性も重視して作られたお弁当サービスなんです。

 

徹底管理された国内工場で一つひとつ手作りをしていますし、安全面を考え泥のついた野菜は仕入れていません。菌の繁殖を防ぐために急速冷凍での製造を心がけていますし、異物混入が起こらないように何重もチェックを重ねてのお弁当製造を行っています。手袋も30分ごとに変えるなど、管理が徹底しているので安心してお弁当を食べることが出来るでしょう。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑯ トクホ(特定保健用食品)のおみそ汁も買える

 

取り扱っているのはお弁当だけではありません。血糖値が気になる方向けのトクホのおみそ汁も買うことが出来ます。毎日の食事と一緒に食べるだけで食後の糖の吸収を緩やかにしてくれるので、お弁当だけじゃ足りない人、血糖値が気になる人は是非トクホのお味噌汁も注文してみてくださいね。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑰ 栄養コントロールができるパックごはんも買える

 

パックご飯の取り扱いも行っています。
スーパーなどで売っている普通のパックご飯ではなく、低たんぱくご飯、魚沼産コシヒカリ100%の低たんぱくごはん、低糖質・低カロリーごはん、やわらか発芽玄米ごはんなど、店頭ではなかなか見かけることがない、制限食の人のためのご飯を販売しているので、お弁当と一緒に購入することをおすすめします。美味しく気軽に、制限をしながら食べられるパックご飯です。

 

ウェルネスダイニングのメリット⑱ 腎臓病の方向けのレシピサイト「ウェルネスレシピ」が無料で見られる

 

食材宅配だけではなく、腎臓病向けレシピサイトウェルネスレシピの閲覧も可能です。腎臓病患者のための制限食のポイントや体に合わせた制限の計算方法、カロリーなどが制限されたレシピの掲載などをしているので、とてもためになります。腎臓病患者だけではなく、腎臓病が不安な人、身近に腎臓病の方がいるという人にもおすすめのレシピサイトです。

 

ウェルネスダイニングのデメリット

 

ウェルネスダイニングのデメリット① 送料がかかる

 

送料は毎回かかります。1万円以上は送料無料などの制度はありませんので、初回以外は毎回送料がかかることをデメリットに感じる人も多いでしょう。ただし、定期購入で送料半額などのサービスがあります。

 

ウェルネスダイニングのデメリット② 人によっては薄味と感じることも

 

制限食だから仕方がありませんが、薄味だと感じる人もいます。しかしこれはデメリットではなく制限食なので仕方のないことかもしれません。しかし、薄味でも美味しさを損なわないよう研究して作られたお弁当となっています。

 

ウェルネスダイニングのデメリット③ 見た目が地味・豪華さがない

 

お弁当で、かつ制限食なので見た目は華やかではないかもしれません。しかし緑赤黄の三色の食材を毎食に入れるように心がけて工夫されています。

 

ウェルネスダイニングはこんな方におすすめ

 

ウェルネスダイニングは、制限食の指導を受けている人、カロリーや塩分を制限したい人、毎食の献立を考えるのが大変だという人におすすめです。毎食カロリーや塩分を考えた献立を作るのはとても労力が必要で大変な作業です。だからこそウェルネスダイニングの食材宅配を利用して、健康的で美味しいお弁当を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

>>食事制限でお悩みの方にオススメ|ウェルネスダイニング<<


光回線なび 光回線なび別館 おとくケータイ.netの評判 SBLO